雪の大谷

みなさんこんにちは。
開発担当の森亮一です。

皆さんは雪の大谷をご存知ですか?
一応前もって「雪で出来た大谷翔平ではないですよ」と言っておきます(笑)

今年のゴールデンウィーク雪の大谷を見に富山県の立山まで行ってきました。
立山は北アルプスの一部で、富山県では最高峰です。
ですので、市街地では気温が20℃以上あっても、頂上付近では-2~-5℃くらいになります。

雪の大谷があるこの位置は雪が溜まりやすい地形だそうで、その高さはなんと世界一だそうです。
ちなみに、積雪量世界トップ3はすべて日本らしいですね。

高く積もった雪の下には普通に山道が通っているので、その道の真上の部分だけをきれいに垂直に掘っていくと雪の大谷が出来上がります。

これが実際に見ると凄いんですよ!

見てその凄さを感じるのと同時に、その技術の高さにも感動します。

今年は例年より少し低くて13mでしたが、いつもはだいたい20mくらいの高さになるそうです。

とにかく、よくこんなにキレイに道路の真上だけ除雪できるなと感心しますね。

しかも、端っこから掘り進むのではなく、上から掘って20mも下にある道路のちょうど真上に来るというのが凄いです。
しかも道路はぐねぐねしてますし…。

過去最高は1981年の23mらしいです。

野球の大谷も凄いですが、立山の大谷もメジャー級でした。

次の日には美味しい加賀料理を食べに金沢まで足を延ばしました。

金沢も京都の町家風景とよく似て、伝統的でとても風情がありますね。

そして、近代的な建物で有名な石川県立図書館。
ここも素晴らしいです。

1階にはカフェもあって、なかなか優雅な時間を過ごせます。

というわけで、今年のゴールデンウィークは真夏のように暑かったですが、そんな気分を忘れるくらい印象的な旅でした。

 

「立山黒部アルペンルート」
https://www.alpen-route.com/index.php

「石川県立図書館」
https://www.library.pref.ishikawa.lg.jp/

関連記事

  1. 創治癒過程(14日目)

  2. 新年のご挨拶

  3. 看護師あるある