創治癒過程(12日目)

みなさんこんにちは。
開発担当の森亮一です。

かなり傷の状態も回復してきて今回は受傷後12日目になります。

上皮化はほぼ終了し、続いて周辺が角質化してきました。

この角質が全体を覆ったらゴールインです。

皮膚は、体の内部を守るバリアーの役目をしていますが、その皮膚のいちばん表面の角質層が本当の意味でのバリアーなので、傷が治っていく過程の最終段階は角質化になります。

今回のような状態で「もう治った」と感じる方も多いと思います。

しかし、実はこれは皮膚としては完全では無くて、この状態でガーゼやカットバンで覆うのをやめてしまうと、衣服等に表面を擦るだけで簡単に皮下組織が露出してしまい、また一からやり直しになります。

しっかり角質が表面を覆うまで被覆材でガードしておいた方が良いでしょう。

次回は治癒の状態をお見せ出来ると思います。

関連記事

  1. 体験会につきまして。

  2. 願掛

  3. 新年のご挨拶